古川真穂&スティーブ・エトウ

真夏の午後の夢

 

2019年、平成から令和に変わった節目の年。和泉屋旅館も創業から130年の節目を迎えます。しかしながら宿として変わらず日々を積み重ねていく所存でございます。

年2回開催してきた和泉屋旅館特別コンサート。第20回目となる今回はボーカリスト古川真穂とパーカッショニスト スティーブエトウという実力派の二人のミュージシャンのコンサートをお届けいたします。
音楽業界でも屈指のキャリアを持つお二人が送る贅沢な時間を堪能ください。

そして、毎回好評を頂いております特別会席は、夏を名残惜しみ実りの秋を心待ちにする献立を、料理長川合成佳が腕を振るいます。

是非、味覚・視覚・嗅覚・聴覚で楽しめる早春の和泉屋旅館特別コンサートを堪能しにおいで下さい。

日時:8月25日(日)
お食事:12:00
コンサート:14:00(開場は13:45)
料金:食事とコンサート10,000円

コンサートのみ予約3,000円、当日3,500円
会場:和泉屋旅館 京都市下京区西中筋通正面下ル丸屋町122
予約:Tel075-361-0811(担当木村)、メールinfo@izumiya-ryokan.co.jp
https://www.facebook.com/izumiya.sp.concert/
アクセス:JR京都駅より徒歩13分、京都駅前ターミナル市バス9号系統 西本願寺前下車徒歩2分

古川真穂

1999年"4D-JAM"のボーカリスト「ふるかわ♡魔法」としてメジャーデビュー。コーラスとしてもB'z松本孝弘や倉木麻衣、ZARDなどの楽曲やツアーに参加。その他、ブルースユニット"The Blue Films"や、ラジオDJ加美幸伸との幕間寸劇的デュオ"ScatRaw"、
自然との調和を祈りパフォーマンスするプロジェクト"古川真穂と光合成"etc...様々なスタイルで活動の幅を広げ、近年は海外においても路上パフォーマンスやオープンマイクに挑戦するなど国内外問わずに活動中。また、"歌うバーレスカー"として2017年にはカナダのバーレスクショーBurlesgeek 
Montreal13にゲスト出演も果たす。メジャーデビューから20周年を迎えた今年2019年、突如ギターを片手にステージに上がり出した彼女。唯一無二のエンターテイナーとしてジャンルやカタチを超えて表現するその歌声は、一度聞くと虜になる「魅惑のカメレオンボイス」。 

Steve Eto
1958年LA生まれ。父は箏曲家 故・衛藤公雄。弟は和太鼓奏者レナード衛藤。1964年初来日?80年代よりバンド活動を始め、爆風銃(バップガン)、PINK、PUGS、デミセミクエーバーなどで活動。
演奏家としては小泉今日子のデビューツアーから始まり藤井フミヤ、COMPLEX、大黒摩季など多くのアーティストをサポート。
この十余年は奄美群島にただならぬ縁を感じ、ハブ皮工芸品店公認大使として各地で奄美に関わるイベントなどを立ち上げたり、出身アーティストとのコラボなどを行なっている。(注)ハブの全国普及につとめているわけではない。 
布袋寅泰の東大寺公演、堂本剛の薬師寺や奈良市でのロングラン公演をきっかけに2015年奈良へ移住。二月堂修二会の仲間や小院士を務めるという地域に根を下ろした活動も行う。

 

​ご予約・お問合せ

 
  • Facebook Social Icon
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now